メインイメージ画像

サービス不足は売上悪化につながります

ホテルのフロントなどのサービス業へ転職したいと考えている人が通常イメージするのは、飲食産業はもとより、娯楽関連の遊園地などだと思います。近頃はいわゆる過去のサービス業だけではなく、多くの職種でサービス面を強化する風潮にあります。仮に、製造業でも、サービス不足では売上が上がらないのは本当で、良い製品を作れば買ってもらえる、というのは全く通用しなくなっているはずです。モノを提供するサービスとは別に、情報や安心という顧客の精神的満足度になるサービスの提供が、販売実績へと積み重なっていくということです。

そういうことであれば、過去に多少でもサービス関連の経験があると様々な分野への転職もできるのではありませんか?

もしも転職を考えるようなら、今までのキャリアや習得したスキルを使うために、同じ業種や職種を探す人は多いかもしれません。でも、会社によっては、同業他社への転職を条件付きで不可とするということがあります。職業選択の自由が認められているので、それは合法ではないと感じるはずですが、国家機密の漏洩といった観点から、法律上も通るときがあるようです。

認可される場合の条件というのは、その対象となる人が機密情報を扱っていた限定の社員だという場合や、転職の禁止期間が○年などと限定的である、といったことになります。これらの条件が合理的だと見なされれば、労働契約においての転職の制限が有功となるのです。同業他社への転職を検討している場合は、まず今の会社の労働契約を確認してみましょう。

更新情報